性病あらため性感染症

性病と性感染症の違いについて確認していきましょう。

よくイメージしてしまうのが、風俗などの性的サービスで感染してしまう病気と捉えられがちです。
むしろ、そういった店舗は定期的な検査を受けている所が多い様です。

怖いのは現代人が、正しい知識不足や曖昧な認識で一般的な蔓延化が進んでいる事です。
過去、性病予防法という法律があり性病と称されていましたが1999年に感染予防法ができ性感染症と呼ばれるようになりました。
この時に今まで含まれていなかったクラミジアやAIDS等の病気が加わりました。
また性感染症を英語の略表記でSTDと呼ばれる事も一般化しつつあります。
現在、規定されている性感染症は6種類となっています。
新たに加わったクラミジア感染症、エイズ(HIV)、淋病、梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマです。
特にエイズが加わった事で認知度や医療対策も大きく変わったもようです。
単純に抗生物質で治すと言うところから、研究データや統計の見直しも図られている様です。

一般的には性病という言葉が浸透しておりますので、今現在も広く使われております。
そして、性病は、いち早く検査受ける事で感染拡大を予防できる手段です。